iite BY D2

MENU

iiteを学ぼう!iite 豆知識

電池の正しい使い方

私たちの生活に欠かせない電池。普段のくらしではTVのリモコン、目覚まし時計、最近ではゲーム機器にも多く使われています。災害時や緊急事態にも活躍する電池、生活必需品ですが、取り扱いには十分な注意が必要です。

電池の正しい使い方

皆さんは電池による事故があるのをご存知ですか?液漏れや破裂、誤飲、過熱・焦げが原因で身体に火傷などおう例もございます。
ですが、電池による事故は正しく使用するば防ぐ事ができるんです。
こちらでは私たちの生活に欠かせない電池の使用上の注意点をご紹介します。
・長い間使用しない時は、電池を機器から取り出す。
・電池は同じ種類を使う。
・スイッチのない機器(時計、ワイヤレスマウス、リモコンなど)は定期的に電池を交換する。
・電池の(+)(-)を逆にして使わない。
・電池を使い切ったら、早めに取り出す。
・一次電池は充電しない。
・電池の取替えは全部まとめて。新しい電池と古い電池は混ぜない。
・電池や電池パックに強い衝撃を加えない。
・機器の使用後は必ずスイッチを切る。
・電池は高温になる場所に放置しない。
図にもまとめましたので是非ご参考にしてください。

  • 電池の正しい使い方
    ・長い間使用しない時は、電池を機器から取り出す。
    スイッチを切っていても機器の中の電池は電気が少しずつ減っていきます(これを「自己放電する」といいます)。液もれの原因にもなるので長期間使用しない時は電池を取り出しておいてください。
  • 電池の正しい使い方
    ・電池は同じ種類を使う。
    銘柄(メーカー名)や種類の違う電池を混ぜると、それぞれの電池の性能が違うので、発熱、破裂、発火の原因につながります。
  • 電池の正しい使い方
    ・スイッチのない機器(時計、ワイヤレスマウス、リモコンなど)は定期的に電池を交換する。
    スイッチのない機器は常に弱い電流が流れ電池が消耗しています。機器が動作不安定な状態になった場合は電池の消耗と思われますので早い時期に電池をお取替え下さい。
  • 電池の正しい使い方
    ・電池の(+)(-)を逆にして使わない。
    逆になった電池が充電され、液もれを起こしたり、破裂するなどして危険です。
  • 電池の正しい使い方
    ・電池を使い切ったら、早めに取り出す。
    液もれなどを起こして機器を傷めることになります。使い切ったら電池は取り出してください。
  • 電池の正しい使い方
    ・一次電池は充電しない。
    一次電池は充電できません。充電すると液もれ、発熱、破裂、発火につながり危険です。
  • 電池の正しい使い方
    ・電池の取替えは全部まとめて。新しい電池と古い電池は混ぜない。
    一緒に使うと、古い電池のために電池全体でのパワーが弱くなってしまいます。また、古い電池が液もれを起こすこともあるので取替える際は必ず全ての電池を新しいものに交換してください。
  • 電池の正しい使い方
    ・電池や電池パックに強い衝撃を加えない。
    電池や電池パックを高所から落としたり、投げつけたりして強い衝撃を与えないでください。変形してショートし、発熱、破裂、発火するおそれがあります。
  • 電池の正しい使い方
    ・機器の使用後は必ずスイッチを切る。
    液もれ原因の多くは、スイッチの切り忘れ。使用後は必ずスイッチを切ってください。
  • 電池の正しい使い方
    ・電池は高温になる場所に放置しない。
    ストーブのそば、炎天下の自動車の車内など高温になる場所に放置しないでください。液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。

気に入ったら”シェア”をお願いします。

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア

DIGITAL CHIRASHIデジタルチラシ最新号