iite BY D2

MENU

iiteを学ぼう!iite 豆知識

包丁の選び方①

包丁の売場に行くと、たくさんの種類があってどれを選んだら良いか迷いますよね?今回は包丁の形状の違いによる、用途の違いについてご案内します。

包丁の選び方①

  • 包丁の選び方①
    ①三徳包丁 文字通り、三つの用途を意味していて、肉・魚・野菜など幅広い食材に対して切ることができます。家庭用として広く流通していて最も一般的な包丁です。
  • 包丁の選び方①
    ②牛刀 世界中で幅広く使われている洋包丁で、三徳同様、幅広い食材に対して切ることができます。日本では先端が尖っている形状を生かし、肉の薄切りや筋切りなどに用いられる事が多いです。
  • 包丁の選び方①
    ③ペティナイフ 刃渡りが短く、野菜や果物の皮むき、小細工に向いている包丁です。
  • 包丁の選び方①
    ④パン切り包丁 やわらかいパンが切りやすいように、刃の形状が波型になっています。
  • 包丁の選び方①
    ⑤出刃包丁 魚を下すための包丁で、魚の骨を切る為に刃が厚く、重い仕様になっています。魚を下しやすいように、片刃になっている事も特徴です。
  • 包丁の選び方①
    ⑥菜切包丁 文字通り野菜を切る為の包丁で、刃幅が広く、刃が薄い事が特徴です。野菜をぶつ切りにしたり、刻んだりするのを得意としています。
  • 他にも、様々な形状、用途をもった包丁がありますが、今回は代表的な包丁を取り上げました。 包丁は一度買うと、そうそう買い替えることがない為、長い付き合いになるもです。 自分にあった包丁を選んで、毎日のお料理を楽しみましょう!

気に入ったら”シェア”をお願いします。

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア

DIGITAL CHIRASHIデジタルチラシ最新号