iite BY D2

MENU

iiteを学ぼう!iite 豆知識

コーヒードリッパーの違いについて

コーヒードリッパーの形状が、メーカー毎に異なっているのはご存じですか?今回はコーヒー用品主要3メーカーの違いと、特徴についてご案内します。

コーヒードリッパーの違いについて

  • コーヒードリッパーの違いについて
    ①ハリオ
  • コーヒードリッパーの違いについて
    円錐型の大きな一つ穴タイプ。 円錐型の特徴はコーヒー粉の深い層ができ、お湯が長くコーヒーに触れるので成分がしっかり抽出できます。大きな一つ穴はお湯を注ぐ速度によって、コーヒーの味が変えられ、お好みのコーヒーが楽しめます。また、内側についたスパイラルリブが、ペーパーとドリッパーの密着を防ぎ、空気の抜ける空間ができるので、スムーズな抽出が可能です。
  • コーヒードリッパーの違いについて
    ②カリタ
  • コーヒードリッパーの違いについて
    台形の三つ穴タイプ。雑味が出る前に美味しさだけを引き出す、独自の三つ穴構造を採用。その機能的なデザインはカリタ式とも呼ばれています。内側についた長いリブはフィルターの張り付きを防ぎ、ろ過を助け、コーヒーをサーバーに導く役割を果たしています。
  • コーヒードリッパーの違いについて
    ③メリタ
  • コーヒードリッパーの違いについて
    台形の一つ穴タイプ。 メリタ式と呼ばれる一つ穴の台形型。内側に刻まれた溝がお湯の流れをコントロール。コーヒーを蒸らした後に、必要な杯数分のお湯を注ぐだけで、ベストな味と香りを抽出できることができます。
  • このように同じドリッパーでもそれぞれ特徴をもっています。豆、器具、抽出方法などの組み合わせでコーヒーの味の違いは無限大に広がります。是非各メーカーのドリッパーを試してみて下さい。

気に入ったら”シェア”をお願いします。

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア

DIGITAL CHIRASHIデジタルチラシ最新号