iite BY D2

MENU

iiteのある暮らしiite lifestyle column

初めての夏フェス参戦チェックポイント!

海の日まで1ヶ月。梅雨が明けると同時に外遊びが本格化。キャンプ場や公園などで行われる音楽フェスティバルが盛り上がるシーズンに!

フェスブームにより最近では子連れでの参加者も多く、キッズスペースや子連れ専用キャンプスペースなど、家族連れで行きやすいフェスも増えています

今年はキャンプで初めてのフェス参戦を……と考えている人へ、夏フェスキャンプ参加で気をつけたいポイントベスト5をご紹介します。

 

まずは参加したい音楽フェスティバルのサイトの注意事項を読むことは必須ですが、どんなフェスでも最低限用意しておきたいもの第1位、それは雨具&防寒具

どんなに天気予報がよくても、雨が降る場合があるので必ず持参しましょう。傘は使用を禁止しているフェスも多いので、キャンプ場など、天気の変わりやすい山沿いの場所で行われるフェスでは、特に雨具や防寒具は必須アイテム。本格的な雨具を持っていない人は、コンビニやホームセンターで売っているビニールのカッパを2枚重ねにして使うのがオススメ。

また山沿いで行われるキャンプフェスには合わせて長靴も持って行きましょう。今折りたたみができる軽量の長靴がトレンド。持ち運びにも便利で、ぬかるんだ道や川遊び、台風にも使える万能アイテムです

 

そして会場でよく見かけるのが、テント迷子。インフォメーションセンターにも「自分のテントが見つからない」という問い合わせはかなり多いそう。

そこで第2位は、デコレーショングッズ。

テントが迷子にならないためには場所や目標を覚えるのはもちろん、最近ではフラッグやライト、風車などオリジナルのデコレーションで目印を付けるテントが増えています。

 

そして第3位は自分専用のライト。携帯の明かりがあるからいいや、と思っていると気づいたら充電が切れているなんてことも……。夜は真っ暗になるので、懐中電灯やヘッドライトは忘れずに。

 

 

第4位はジップロック。

地厚で丈夫なジップロックを財布代わりにしたり、雨天時に携帯や貴重品を入れたり。大きいものは洋服を圧縮でき雨からも守ってくれたりと、とっても活躍してくれるアイテムです。

 

ホームパーティなどで席が足りない時にも役立ってくれる、第5位は折りたたみ椅子です。

片手で持ち運べるサイズからリクライニングするものまで種類は様々。最近ではファブリックにこだわったものが人気で、ポップなプリントやカラフルな椅子が増えています。

 

他にも、

・ICカードに多めに入金して持って行く→フードやドリンクの購入にICカードが使えるイベントも増いので

・ハンガーやロープ、S字フック→雨に濡れてしまったものを干すため

・エアマット→山地が凸凹している場合、シートが薄いと痛くて寝られないことも

・軽量な着替えは宿泊数×2→2泊3日の場合、1日2回着替える想定

などがあると便利です。

 

今年は夏の計画の一つにキャンプがてら行く音楽フェスティバルを入れてみても。

まずは、夏休みの楽しいプランニングからスタートしてくださいね。

iite Buyer’s Selectバイヤーズセレクト

気に入ったら”シェア”をお願いします。

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア

DIGITAL CHIRASHIデジタルチラシ最新号