iite BY D2

MENU

iiteのある暮らしiite lifestyle column

プチプラコスメでいつものメイクを1UP!

卒入学や進学、部署移動など、春はお別れや「初めまして」の機会がいつもより増える時期。初めての挨拶は緊張して顔がこわばりがちになってしまうこともしばしば……。

そんな気持ちを解してくれるのが実はメイクアップ。メイクがうまくいった日はいつもより自信が持てて、自然と笑うことができたりしますよね。

お手軽に購入できるプチプラコスメが人気ですが、iiteでは、数々の女優やモデルのヘアメイクを手掛けるメイクアップアーティストのHAYATO TAKEDAさんをお迎えして、iiteでも購入いただけるプチプラアイテムを使った、いつものメイクを1アップしてくれる簡単テクニックをご紹介していきます。

今回は大人の女性へ向けた1アップテクニックです。

そのポイントは「メイクを変えるにはスキンケアを変えるべし」でした。

=============================================

早速まずは洗顔から。

洗顔とクレンジングは別なので、クレンジング→洗顔の順に洗うのが基本です

30〜34℃の人肌よりちょっとぬるめのお湯でまず肌を濡らして

洗顔で注意したいのは、肌に直接洗顔料をつけたり、ゴシゴシこすったりすること

洗顔はきめ細かい泡で洗うのが理想です

泡立てが苦手な人はグッズを使うのがオススメ ※写真は上下に動かすだけで簡単に濃密な泡が作れる「あわわ」

手を返しても落ちないくらいの固さの泡で洗いましょう

洗顔ではマッサージをしないで泡をのせて優しくなじませるイメージで

泡を落とす時は、直接シャワーをかけず、お湯を手にとって泡を溶かすようなイメージで落とします

洗い終わったらすぐに化粧水をつけましょう

ほっぺた→おでこ→と広い部分からつけていきます。内側から外側へ、パンパン叩かず優しく抑え込むイメージです。途中で化粧水を足して顔全体にしっかり塗っていきます。肌が化粧水をちゃんと吸収すると手に肌が吸い付くので、そこまでしっかり化粧水をぬりこみましょう

パックを使う時は、化粧水なのか、美容液なのかちゃんと裏面の使い方をチェックしてから使いましょう。今回は美容液パックをチョイス。アイテムによって毎日使っていいものか、週に数回のものなのかも違います。週に数回のものを毎日使うと栄養過多で逆に吹き出物の原因になったりするので、製品の特性をチェックして取り入れるのがポイント

上に引っ張り上げるようにパックをつけます。目の穴は開けずに瞼の上にぴったり貼ってもOK。

パックをつけたまま長時間放置するのは絶対NG! 長くつけすぎると逆に肌の水分を取られてしまいます。製品の裏にある時間時間をきちんを守って使いましょう。急いでいる人は3分つけるだけでも違ってきますよ

とったパックは肘や膝など、身体になじませて。美容液の浸透を待つ為に2〜3分時間を置いて保湿クリームや乳液をつけていきます。その間にボディケアをしてしまうのも◎

クリームは500円玉くらいの分量を手で温めてからぬっていきます

化粧水と同じように頬などの広い面から、小鼻の周りまでしっかりと

美容液とクリームを混ぜるなどの自分のオリジナルアレンジは、混ぜることで成分がケンカしてしまいどちらの良さもなくしてしまうことも……製品情報をちゃんと読んで順番を守って使うことは実は大事なポイントでもあります

クリームで肌の滑りを良くしたら、顔全体をローラーでマッサージしていきます。マッサージはリンパの流れを良くすることが目的。下から上、中から外に向かってマッサージしていきます

首や耳の後ろ、鎖骨の周りもマッサージしましょう。撫でるのではなく、“痛気持ちいい”くらいの強さで全体をマッサージ。毎日3〜10分できると理想的ですが「ここぞ!」という日にしっかりやるだけでも効果はあります

忘れずにマッサージしてほしいのが耳。触っていてちょっと痛いなと思うポイントを持ってひっぱって

ローラーやマッサージで血行が良くなると肌もトーンアップしハリがでてきます

ファンデーションも頬など肌の面積が広いところから3本指で優しくポンポンと塗っていきます。乾燥が気になる人はファンデーションの前に保湿クリームをプラスして。

肌は季節によってコンディションが変わるので、乾燥しがちな冬と油が出やすい夏で分けるのが理想です

手でファンデーションを塗ったらスポンジを使って仕上げていきます。小鼻や目元などはスポンジで優しくおさえる感じでつけていきます。スポンジにはつきすぎたファンデーションを取ってくれる役割も

気になる箇所は厚塗りにしてしまいがちですが、隠そうとして厚塗りにするとファンデーションが溜まって余計に目立ってしまうことも。むしろ、ほうれい線や目尻のシワなど気になる場所こそ薄づきにするのがポイント!

チークの色選びは、マッサージして血行が良くなった耳の色と合わせれば間違いなし

チークは頬骨とほうれい線の間の頬からはみ出ないのがポイント!

昔流行った「頬骨の上から外側に向かって」を遵守していると、メイクが古臭くなってしまうので要注意

パウダーはブラシで、練りチークはスポンジで軽くつけていきます

薄ければ、後で足せばいいので少しずつ様子を見ながらつけていきましょう

ちょっと付けすぎてしまったら、ファンデーションを伸ばしたスポンジでぼかして

アイブロウも年齢や時代が出やすいポイントです。まず若い頃の眉を忘れることが大事! 今の眉のスタンダードは平行で細すぎない眉。細い急カーブ眉はやめて、品のある大人アイブロウにチェンジ

年齢と共に目の色が薄くなっていくので、アイライナーはブラックではなくブラウンをチョイス。アイラインの馴染みがよくなります。目を閉じてまぶたを上に持ち上げながらまつ毛の生え際に引いていきます。マスカラも付属のブラシではなく、市販の歯間ブラシを使って付けるとダマになりにくく、下まつげにもつけやすいのでオススメです

リップをつけて髪を整えたら完成です!

ファッションと同じようにメイクにもトレンドがあるのに、メイクだけ昔のままの人が意外と多かったりします。年齢と共に顔も変わってきているので、昔のメイクのままだと違和感が出て当然。また、シワやコンプレックスを隠すために、ついつい厚塗り&濃いアイメイクになってしまいがちですが、勇気を出して引き算することでグッと品のいい大人メイクに変身できます。

=============================================

メイクをすることで自信を持って笑顔になれる、そんな素敵な笑顔が一番のメイクアップ!

笑顔に自信をつける、今日から始められる簡単テクニックを取り入れて、いつものメイクを1アップ! そして、今の自分に合ったメイク探しもまた、楽しんでみてくださいね。

 

HAYATO TAKEDAプロフィール

サロン勤務後、渡英。フリーのヘア&メイクアップアーティストとして女優、俳優、タレント、ミュージシャン、モデルなど多数担当。広告、CM、ファッション雑誌、CDジャケット、PV、各種カタログ、コンサート、ファッションショー等を中心に様々なヘアメイクを手掛ける。常にトレンドを研究し旬なヘアメイクをその人の個性に合わせてアレンジ。女優やタレントなどから定評がある。

 

iite Buyer’s Selectバイヤーズセレクト

  • 【店舗のみ取扱い】あわわ
    【店舗のみ取扱い】あわわ
    1,080 円(税込)
  • 【店舗のみ取扱い】日本酒フェイスマスク 7枚
    【店舗のみ取扱い】日本酒フェイスマスク 7枚
    448 円(税込)
  • 【店舗のみ取扱い】日本酒フェイスマスク 高保湿 7枚
    【店舗のみ取扱い】日本酒フェイスマスク 高保湿 7枚
    498 円(税込)
  • 【店舗のみ取扱い】リーフ&ボタニクスクレンジングクリーム S 110g
    【店舗のみ取扱い】リーフ&ボタニクスクレンジングクリーム S 110g
    1,188 円(税込)
  • 【店舗のみ取扱い】リーフ&ボタニクスマザーソープラベンダー 90g
    【店舗のみ取扱い】リーフ&ボタニクスマザーソープラベンダー 90g
    432 円(税込)
  • 【店舗のみ取扱い】リーフ&ボタニクスフェイスウオッシュ 145g
    【店舗のみ取扱い】リーフ&ボタニクスフェイスウオッシュ 145g
    1,188 円(税込)

気に入ったら”シェア”をお願いします。

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア

DIGITAL CHIRASHIデジタルチラシ最新号