iite BY D2

MENU

iiteのある暮らしiite lifestyle column

鬼は外! 福は内! 家庭円満豆まき

冬から春へと移り変わるこの時期。

季節の変わり目には鬼(邪気)が生まれるとされ、その邪気を払い幸福を招く儀式として始まったといわれているのが節分です。豆をまいたり、恵方巻きを食べたり、家族のイベントとしても定番となっていますよね。

ただ豆を投げればいいと思いがちな節分の豆まきですが、実は投げ方や順番にもルールが

今年の節分は、たくさん福を呼び込めるように、豆まきの正しいお作法をチェックしてみましょう。

 

用意するもの

まず豆は必ず炒った豆を使用

生の豆では拾い残しがあった時にその豆から芽が出てくると縁起が悪いとされています。

神棚がある人は、2月3日の夜まで豆を枡に入れてお供えしておくといいそうです。

豆まき後の片づけ用に室内用の箒(ほうき)も一緒に準備しましょう。

実は、本来鬼は「邪気」であって、鬼役はいらないとされている豆まき

ただ、小さいお子様に遊び感覚で風習を知ってもらうために、大人が鬼役を演じて家族でわいわい楽しむのももちろんOK。

お子さんと一緒に厚手の紙に鬼の顔を描いて、お面を手作りしてもいいですね。

 

豆まきの準備

鬼は真夜中に忍び込んでくると言われていますので、豆まきは夜に行います

鬼の侵入口となる玄関や窓をすべて開けて家族全員が揃ったところでさぁ、豆まきのスタートです。

 

順番と投げ方

地方によってやり方は様々ですが、一般的に玄関から一番離れた部屋の窓から順番にまいていきます

外に向けて「鬼は外」と声に出しながら2回豆をまいたら、その場所の窓や扉を素早く閉め、部屋の中に「福は内」と2回豆をまきます。これを繰り返し、最後に玄関で終わるように順番に進めてください

豆を投げる時は上からではなく、下から種をまくような仕草で投げていきます

元々は家長や年男、年女、厄年の人が豆まきをする風習があったそうですが、現在では家族みんなで一緒に投げるのもいいとされています。

まき終わり

豆まきが終わったら、豆を食べることで鬼を退治したことになるので数え年の数だけしっかり豆を食べましょう。数え年と満年齢は間違えやすいですが、数え年は生まれたその日にすでに1歳で、元旦(1月1日)に年を重ねるという考え方です。

「元旦から2月3日までに生まれた人:満年齢+1歳」「2月4日から12月31日までに生まれた人:満年齢+2歳」で計算するとわかりやすいです。

 

そして、節分と言えば豆をまくだけでなく、美味しい恵方巻きをいただくのも楽しみのひとつ。

2018年の方位は、南南東やや南と言われています。方位磁石のアプリなどを利用して方向を確かめてから食べましょう。

福を巻き込む意味を込めて巻き寿司を食べるようになったとか。縁や福が途中で切れないよう、包丁で切っていないものを食べましょう

途中でおしゃべりしてしまうと、運が逃げてしまうので食べ終わるまでは口を聞いてはいけません。

 

具に関しては諸説ありますが、七福神にあやかり、7種の具が入った太巻きがいいとされています。

具の中身については、正式な決まりはないので、うなぎや穴子、サーモン、卵、さくらでんぶ、きゅうり、かんぴょう、椎茸、生姜……などなど、好きなものを7種類選んで家族それぞれの好みに合わせて作ってみてもいいですね。

好きな食材で好きなアレンジをするのも楽しみ方の一つ。

今年は、韓国海苔にキムチや豚肉、サンチュを巻いて“韓国風恵方巻き”や、野菜とソイライスで“ヘルシー糖質オフ恵方巻き”などに挑戦してみるのもおすすめ。

※木綿豆腐をキッチンペーパーで包んでレンジで2分加熱し、つぶしてから油はひかず水も入れないで、フライパンで中火~強火で炒めたもの。

 

美味しく楽しい節分。

家族の無病息災を願い、元気に声を出して豆を投げ、邪気と一緒に普段のストレスまで追い出してしまいましょう!

気に入ったら”シェア”をお願いします。

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア

DIGITAL CHIRASHIデジタルチラシ最新号