iite BY D2

MENU

iiteのある暮らしiite lifestyle column

見て楽しい、食べて美味しい!

昔は秋の風物詩でもあった運動会が平成以降、春のイベントへと変化。5月〜6月にかけて運動会を行う学校が最近では増えてきているそうです。

運動会といえば、子供の勇姿を残そうとカメラマンになったり、応援団になったり、家族みんなで大奮闘するイベントですが、そんな中、一番の楽しみと言っても過言ではないのがお弁当! ですよね。

最近ではキャラ弁凝ったお弁当がSNSにたくさんアップされ、子供用や旦那様用など、1人分のお弁当のテクニックで参考になるものはよく目にするけど、家族全員分のお弁当となると、量も多くなりちょっと大変。

そこで春のiiteでは、簡単で美味しい、もちろん運動会だけじゃなく、行楽やピクニックにもオススメの、家族みんなで楽しめるお弁当テクニックをご紹介します。

今回のメニューは

・ロシアンルーレットハンバーグ

・カラフル春巻きポテサラ

をメインに、ピンチョスやサラダを入れたカラフルランチボックス。

 

最初に入れ物ですが、お重などたくさん入る入れ物がないご家庭は、使い捨てのボックスやパックを活用しましょう。紙のボックスには汁漏れ防止にキッチンペーパーをお忘れなく。

家族みんなで食べるお弁当は、取り分けしやすくつまみやすいものを意識して、ピックなどでピンチョススタイルにします。

ブロッコリーやプチトマトなどの野菜を生ハムと一緒に刺してピンチョスサラダにし、ポテサラなどのサイドメニューも春巻きにして食べやすくアレンジ。

 

<ロシアンルーレットハンバーグ>

基本のハンバーグのタネの中にチーズやうずらの卵、ソーセージなど好きなものを入れて、小さな丸型にしたハンバーグを180度のオーブンで焼きます。食べるまで中に何が入っているかわからないのも楽しみのひとつ。180グラムのひき肉に玉ねぎ1/2個で約10玉作れます。

 

<カラフル春巻きポテサラ>

じゃがいも2個、水にさらした玉ねぎ1/8個、ツナ&コーン大さじ2、マヨネーズ大さじ2を混ぜ合わせます。

茹でたジャガイモにまぜるだけですが、潰したジャガイモを少し冷やしてから混ぜた方が分離しにくいです。ポテトサラダを可愛くアレンジする一工夫は色付け。皮を剥き摩り下ろしたビーツを混ぜるだけで綺麗なピンクのポテトサラダが完成。春巻きの皮で巻き、サッと揚げると春巻きポテサラの出来上がりです。

 

定番のタコさん&カニさんウィンナーを作る際は、小さめのナイフを使うと細かいカットがしやすいです。最近では時短に便利な専用カッターも。

ウィンナーは焼くより、他の料理に使った油でサッと揚げると切り込みがしっかり開いて形がキレイになります。

 

野菜はミニサイズの飾り映えするものがオススメ。水をしっかり切って使いましょう

ミニトマトを始め、アルファルファやチコリ、ロマネスコなどの野菜をプラス。ミニサイズの野菜はサラダにするのはもちろん、お肉などのおかずのそばにそのまま入れて汁漏れ防止効果も狙える優れもの。ローズマリーはお肉料理に添えると、香り付けに◎。

 

食用菊は飾りとして可愛いだけでなく、抗菌効果あるのでたくさん散らして華やかに。おにぎりは握ってもいいですが、色んな型でアレンジするとさらに可愛くなります。顔には海苔を、動物のほっぺたにはパプリカパウダーで色付けを足して。海苔は蓋を閉める直前に飾ります

海苔カッターや加工しやすい小さなハサミがあると便利です。

 

<詰め方のポイント>

・大きめのおかずはカットして断面を見せるように

彩りは大事なポイント。明るい色が入るだけで華やかに

・飾りにもなる果物は味が移らないような皮のあるもの(ぶどうや金柑など)をチョイス

立体的に見せると食欲をかき立て、見た目にも華やかな仕上がりに

 

ホームセンターなどでは、お弁当箱はもちろん、ピックやご飯の型など、お弁当に便利なアイテムが充実しているのでぜひチェックしてみて。使い捨てのカップはデザートを入れたり、ソース入れになったりと、とっても便利です。

他にも便利なお弁当グッズが最近はたくさん出ているので、グッズをフル活用して、SNSにアップしたくなるような、見て楽しい、食べて美味しいお弁当を作ってみてくださいね。

iite Buyer’s Selectバイヤーズセレクト

気に入ったら”シェア”をお願いします。

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア

DIGITAL CHIRASHIデジタルチラシ最新号