iite BY D2

MENU

iiteのある暮らしiite lifestyle column

ホームパーティのレベルアップ術!

お誕生日会ランチパーティはもちろん、最近では、欧米のベイビーシャワーも定着してきました。可愛いスイーツやカラフルなテーブルセットなど、SNSで素敵なホームパーティを見かけない日がないくらいのホームパーティブーム!

ホームパーティといえば、お料理やデザートはもちろん、みんなのテンションアップ&フォト映えポイントとなるのが「ドリンク」。お花見シーズンでは、モリモリのいちごが入ったシャンパンを撮影すべく、お店に大行列ができたほど、ドリンクも今やビジュアル重視がトレンドです。

そんなホームパーティを盛り上げてくれる注目度NO.1ドリンクが果実酒

カラフルなフルーツが漬かっている大きな保存瓶は、並んでいるだけでも可愛く見えます。その秘訣は瓶選び。おしゃれなものはもちろん、そのままドリンクサーバーとして使えるタイプもあるので要チェック。

フルーツ&お酒選びは自由自在。果実酒にはアルコールには度数の高い、ホワイトリカーと呼ばれる焼酎甲類が使われることが多いですが、他にもジンやウォッカ、ブランデーやラム、テキーラやウイスキーなどの強いお酒でアレンジしても。最初は小さな瓶に色んな組み合わせで何種類か作って自分の好みの「フルーツ&お酒」の組み合わせを探すのも楽しみの一つ。アルコール度数35以上のもの

夏が旬のブルーベリーも簡単、果実酒に。

作り方は簡単! ブルーベリー400g氷砂糖200gレモン1個ホワイトリカーを1リットルを用意して。

水洗いし、水気を切ったブルーベリーと皮をむいたレモン、氷砂糖、ホワイトリカーを、煮沸消毒し乾燥させた瓶に入れます。レモンは漬け込みから1ヶ月で取り出し、その後3ヶ月待つだけで美味しいブルーベリー果実酒の出来上がり!

※カビなどの発生を避ける為、風通しのよい冷暗所で保存してください。

※フルーツの種類によって漬け込み期間が違うので事前にチェックしてから始めましょう。

ロックでいただいたり、ソーダで割ったり、作った果実酒をベランダやお庭で飲むだけでもちょっとしたリラックスタイムに。休日のブランチや夕方のアペリティフタイムに、テーブルと椅子を出して縁側やバルコニーなどのお家の半屋外空間を楽しむ人が増えてきています。いつもと雰囲気を変えて、果実酒の出来上がりの時期にベランダホームパーティを開催してみてもいいですね。

この週末は梅雨入り前、最後の晴天のチャンスになる可能性が……。

しばらく会えなくなるかもしれないお日様を求め、アウトドアやピクニックなど太陽と遊ぶお出掛けを楽しんで!

iite Buyer’s Selectバイヤーズセレクト

気に入ったら”シェア”をお願いします。

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークでシェア

DIGITAL CHIRASHIデジタルチラシ最新号